服飾の専門学校で学ぶこと

02b6bf6bb83b82b057353d3689b3c8c2_s

専門学校で何を学べるか

服飾業界に就職するのであれば、服飾の専門学校に入学するのが合理的な方法でしょう。

では、服飾の専門学校ではどのようなことを学ぶのでしょうか。

コースを選ぶ

専門学校によってコースの違いはありますが、大まかには、スタイリスト、パタンナー、販売員、ファッションコーディネーター、ファッションパタンナーなどです。

これを分類すると、スタイリストやパタンナーは服の作成にかかわる仕事です。

コーディネーターやパタンナーは流通に近くなるでしょう。

服飾業界も、販売員やモデルなどの表に出ている仕事以外にも、たくさんの人達が関わっています。

世間からすれば裏方に当たる仕事がたくさんあるということです。

そういったデザイナーやパタンナーなどの基本的なことを学べるのが専門学校です。

授業でなにを学ぶか

授業は実践的で、自分たちでデザインをして実際に服を作っていきます。

ほとんどの専門学校では、学祭でのファッションショーがあります。

これは、自分たちの力で服を制作するだけでなく、運営面も考えなければならないので、卒業後のことを考えても参考になります。

まとめ

将来、服飾業界への就職を希望している人は、まずは専門学校に入ることを考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする